実務解説 資金決済法〔第4版〕の書評・レビュー

3.7
Rated 3.7 out of 5
3件の書評・レビュー
とても良い0%
良い67%
普通33%
あまり良くない0%
良くない0%
 

購入はこちら

全体像をつかめる本

Rated 3 out of 5
2020年10月24日

決済サービスの全体像をつかめる本。
ただし、資金決済法の条文解説であれば逐条解説を読む必要があるし、為替取引該当性・暗号資産・ポイントサービス等のテーマごとであれば良本・良記事が多く出てきているため、決済分野を多く扱う人にとっては、この本の参照頻度は下がりつつある印象。

匿名

資金決済法でもっとも信頼できる本の一つ

Rated 4 out of 5
2020年10月22日

・決済サービスを作りたい
・ポイントを活用したサービスを作りたい
・暗号資産(仮想通貨)に関わるサービスを作りたい
となった時に必ず検討しなければならないのが「資金決済法」
この本は、資金決済法の第一人者の一人、森・濱田松本法律事務所の堀先生による解説本。
実務家的に参考になる記載が多く、資金決済法の解説書としてはもっとも信頼できる本のうちの一つ

岩崎祥大・弁護士

書評

Rated 4 out of 5
2020年8月23日

資金決済法の立案担当者の一人である堀先生の本
必要な手続等がまとまっており、分かりやすい。
個人的には、いろいろ出ている資金決済法関連の本のなかでこの本が一番使いやすいと思うため、決済サービスの立ち上げ、各種法律相談等に携わる場合、手元にあると便利だと思う。
他方で、記述のなかに内容の正確性に疑義があるように思われる箇所があったり、あまり突っ込んだ検討がなされていなかったりするため、法令、内閣府令、ガイドラインの原文に当たる必要があるのはもちろんのこと、高橋先生の詳説(絶版だけど)等も併せて参照するのが良いと思う。

この著書の部下・弁護士

この書籍の書評・レビューを書く