中小企業買収の法務の書評・レビュー

4.5
Rated 4.5 out of 5
2件の書評・レビュー
とても良い50%
良い50%
普通0%
あまり良くない0%
良くない0%
 

購入はこちら

ありそうでなかった中小企業M&Aの解説本

Rated 5 out of 5
2020年9月3日

M&A関連の書籍は大手法律事務所が出した本が多く、その結果、大規模なM&A=大きな会社のM&Aを想定して解説されているものが多いんですが、この本は、ありそうでなかった中小企業のM&Aに特化した解説本です。
大型のM&Aと中小企業のM&Aでは気にすべき点が全然変わってくるので、そういった小規模M&Aをやる際には大変重宝します。
例えば、「株券発行会社なのに、実際には全く株券を発行していない会社を買収する際どうすれば良いか」など、小規模M&Aで頻出する論点について解説されており、実務家的にかゆいところに手が届く良書です。
実際のM&Aは、大型のものより中小企業の買収案件の方が数は多いはずなので、この本に助けられた人も多いはず。

岩崎祥大・弁護士

おもしろい本

Rated 4 out of 5
2020年9月1日

中小企業M&Aに特化した書籍。
たしか著者自身もそう言っていた気がするが、網羅的な情報を記載した書籍ではなく、「中小企業M&Aあるある」がたくさん書かれているような感じ。
実際の案件で困った時に読むとヒントになることが多く、良書だと思う。
記述も平易で読みやすい。
法務DD関連の書籍の定番といえばNOTの書籍だと思うが、あれとこの本を両方持っていると、かなりの範囲の知識をカバーできるのではないかと思う。

ローヤー・弁護士

この書籍の書評・レビューを書く