書籍選びでの失敗を、なくす

ー 弁護士・法務部員・司法試験受験生のための法律書籍の書評・レビューサイト ―

書籍を探す

新着書評・レビュー

契約書リーガルチェックのポイント-事例でみるトラブル条項例-

Rated 3 out of 5
2021年3月11日

本当にあった怖い話が集められており転ばぬ先の杖として参考になる。

もり・会社員

実務家必携のLPシリーズだけど…

Rated 3 out of 5
2020年11月14日

LPシリーズは、専門部等で活躍されている裁判官が執筆されている実務書で、裁判官の考え方が気軽に分かりとても良い本が多いと思います。
ただ、本書については、他のLPシリーズと毛色が異なっており、架空の事例をベースに解説が加えられるものとなっております。
これ自体は問題ではないものの、現役の裁判官(当職が配属されていた民事部の裁判官)によれば、労働審判、労働訴訟は、目まぐるしく審理の在り方が変わる分野であり、本書に書かれている内容は、やや古いものとなってしまっているため、ほとんど参照することはなく、今は類型別労働関係訴訟の実務の方がずっと良いと仰っていました。
したがって、改めて今購入すべき書籍ではないと考えます。

ひよこ・弁護士

まずはここから

Rated 4 out of 5
2020年10月25日

景表法がからむ相談が来た際にまず参照する本。
大抵のことは書かれているうえ、他の景表法の書籍もこの本を引用していることが多いので、リサーチの時間が十分に取れないときでも、関係ガイドラインとこの本があれば方向性を回答するくらいはできる。
(他にも良書はありますし、雑誌記事で有益な情報を得られることも多いです。時間さえあれば…。)
どうしても答えが出なければ、当局に照会をかけるのも一手ではある。

若手アソシエイト